サーフへ釣りに行きました!

サーフへ釣りに行きました!

こんにちは、釣りしよ。とりまなです。

秋も深まり、フィッシュイーターも大きくなって釣りをするのがワクワクする季節になってきました。

体に感じる寒さはすっかり冬ですが皆さん釣りを楽しんでいますか?

今回は私がサーフへ釣りに行ってきましたので、その時のサーフの様子や使ったルアーを紹介してみたいと思います。

釣行時の動画はこちらからどうぞ!

目次

当日の様子

午前中は家族との時間を過ごして、しっかりお昼ご飯を食べてからサーフへ向かいました。

一応、狙いの魚はヒラメになります。

天気は晴れ時々曇り。

砂浜を歩いて釣り場に向かって歩いている

私が行ったサーフの潮回りは長潮です。

13時半頃に満潮だったので上がりきったところから干潮に向けて下げていくタイミングでの釣りになりました。

波は比較的穏やかでしたが、数日前に降った雨の影響で川から流れてくる葉っぱやゴミなどが手前に漂っている場所もありました。

風速の予報も3mほどで、実際に吹いていた風も強くなかったので釣りが比較的しやすい環境でした。

思っていたより釣り日和でラッキー

釣りを始めたのは14時で、暗くなる手前の夕まずめまでの釣りを予定としました。

キャンペーンで頂いたグローブも装着して釣りしてみます。

使ったルアー

この日に投げた全てのルアーはこちらです↓

釣りで使用したルアー

あまりにもルアーを持ち込むと迷いが生まれてしまいルアー選びの判断が難しくなるので、その日中心に使いたいルアーを決めておくのが今の私のスタイルです。

この日はジャクソンの飛び過ぎダニエルを中心に投げつつゲームを組み立てることにしました。

ジャクソンの飛び過ぎダニエル
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

と言いつつ、色んなルアーを投げました。

せっかくサーフにきたら色々投げたくなるのは釣り人の性ですし、性質の違うルアーを投げることで色々な事を自分自身の経験値として学ぶ事ができ、その経験の積み重ねが魚釣りをより楽しいものにしてくれると思います。

何も起こらない時間のほうが長い中で飽きずに釣りに集中することを続けるためにも、ある程度の選択肢としてルアーのバリエーションやルアーチェンジは必要なことだと私は感じます。

何より色々なルアーを投げて遊ぶほうが楽しいです。

好きにルアーを投げて楽しく釣りをしていく〜♪

右から左へランガン

右からサーフに入ったので左に向かって少しずつランガンしていきました。

釣りを始めた時のサーフは貸し切りで私以外に他の釣り人は誰もいませんでした。

釣り人もいない、サーフにはベイトとなる小魚の気配もない、ベイトを食べているような鳥も一羽もいなかったです。

魚が釣れるような雰囲気がほとんどしない感じでした。

とりあえずランガンしながら投げたいルアーに交換しつつ色々試しました。

ルアーを通す方向は扇状に区切って色々な角度に投げました。

しばらくしたら何人かの釣り人が夕まずめの1匹を釣るために並び始めたので、途中で引き返す形で今度は右から左へ戻りながらまたランガンしていきました。

戻る時も投げる方向は扇状に投げていきました。

諦めないその先に

14時からランガンしながら釣りをしてみたもののゴミは引っかかることはあれど、何も魚からの反応を得られないまま辺りが暗くなってしまいました。

時刻はちょうど17時になる頃。

魚も釣れそうにないし、暗くなったせいで手元もよく見えないし、飛ばしたルアーがどこにいったのかもわからない状態になってしまいました。

このまま諦めて帰ろうと波打ち際を歩いていると、足下の地面の起伏が他のところよりも高く隆起しているような気がする地形に気づきました。

こういう波打ち際で地形変化の大きいところは海中も変化している事があるので、諦めの悪い私はここでラスト1投してみることにしました。

結果はこちら↓↓↓

ジャクソンの超飛び過ぎダニエルTGで釣ったサーフシーバス

諦めないその先に初サーフシーバスを釣ることができました。

サーフのシーバスは嬉しいゲスト!運が良かったw

投げたルアーはジャクソンの超飛び過ぎダニエル、色はKPIケイムラピンクイワシです。

ジャクソンの超飛び過ぎダニエルTGケイムラピンクイワシ

こちらの超飛び過ぎダニエルですが、リールを巻くと手元への振動が細かくブルブルしているのが明確に伝わってくるので使っていてルアーが動いているのを感じやすいです。

手元への振動が明確なので始めたばかりの人にも使いやすいルアーだと感じました。

ルアーへのアクションはただ巻きしてきただけです。

キャスト後のロッドは水平気味に構えてラインは張り過ぎず、緩め過ぎない程度に保ちながら、ルアーが動くのを感じられる速度でただ巻きしていた感じです。

夕まずめのタイミングでシーバスが餌を捕食しに回遊してきていたのだと思います。

Never Give Up

以上、私がサーフへ釣りに行った様子をお話しさせていただきました。

釣ってきたシーバスは42cmでした。

釣り上げたシーバスとメジャー

諦めない気持ちが魚を釣ったことで報われる瞬間は魚釣りの醍醐味の1つだとあらためて感じることができました。

思い出に残る忘れられない1匹を求めて皆さんもサーフへ釣りに出掛けてみてください。

諦めないその先にもしかしたら魚が釣れる…かも?

ネバーギブアップ!!!

冬の釣りの服装選びについてはこちらから↓↓↓

あわせて読みたい
冬のサーフフィッシングで着る服装 こんにちは、釣りしよ。とりまなです。 暑かった夏が終わると秋が深まり、そして寒い冬が訪れます。 冬でも釣りはしたいけど冬の服装選びに困っていたりしませんか? 寒...

寒い季節の釣りに必須のフィッシンググローブの記事はこちら↓↓↓

あわせて読みたい
Non Modo(冬用フィッシンググローブ)開封レビュー こんにちは。釣りしよ。とりまなです。 Non Modoお客様に最も近い釣具屋さんがTwitterで冬用フィッシンググローブのプレゼントキャンペーンをしていたので応募して見ま...

この記事を書いた人

サーフでヒラメサイズを求めて気長に釣行チャレンジしつつ、ブログ記事を書いたりYouTubeにのんびりと動画投稿。ネーミングしたメタルエフェクトのゴールド&プラチナギャルピンクの発信やツイートを見つけると喰いつきます。よろしくお願いします。

プロフィール詳細

目次