魚にかかったフックを外す時に便利な釣りアイテム!ダイワのクイックハリハズシⅡをレビュー!

魚にかかったフックを外す時に便利な釣りアイテム!ダイワのクイックハリハズシⅡをレビュー!

こんにちは、とりまなです。

突然ですが、みなさんは魚を釣った時に魚にかかっているフック(針)はどうやって外していますか?

フィッシングプライヤーでフックを掴んで外していませんか?

もしかしてフィッシングプライヤーでフックを掴んで外すときに上手く外せなくて困っていませんか?

とりまなさん

フィッシングプライヤーでもフックは外せるけど意外と難しいし、上手く外れなくて私は困っていました。

今回のブログ記事は魚にかかったフックを簡単に取り外すことのできる便利なアイテムについて簡単にレビューしていきます。

質問者さん

よろしくにゃ〜♪

目次

ダイワ クイックハリハズシⅡをレビュー

私が今回簡単にレビューしていくのはダイワ クイックハリハズシⅡというアイテムになります。

ダイワのクイックハリハズシⅡの写真

以下でダイワ クイックハリハズシ2の製品特徴について簡単に説明していきます。

クイックハリハズシⅡとは

クイックハリハズシ2はグローブライド株式会社より販売されています。

グローブライド株式会社、ダイワは大手釣り具メーカーです。

ロッド、リール、ルアーはもちろんのこと釣り用小物からウェアまで釣りに関わる様々な製品を取り扱っています。

クイックハリハズシⅡは製品の名前にあるとおりフック(針)を外すためのアイテムになります。

フックを外すときに魚体に触らず簡単に針外しができるとても便利なアイテムです。

毒魚などの危険な魚が釣れた時にも魚体に触ることなく安全にリリースすることができます。

魚を触ることに抵抗のある女性や子どももレバーを引くだけで簡単に魚をリリースすることができます。

質問者さん

魚の匂いやぬめりも魚体に触らなくて済むから気にしないでよくなるにゃ〜♪

クイックハリハズシⅡの仕様

クイックハリハズシⅡの仕様を以下で簡単に説明していきます。

クイックハリハズシⅡには使用する人の用途に合わせて全長175mmと全長240mmの2種類の長さが設定されています。

全長175mmサイズのクイックハリハズシⅡはアジやカワハギ、キスなどの数釣りをするときに最適なサイズになります。

質問者さん

全長175mmサイズは小さめの魚にピッタリだにゃ〜♪

レバー部分から先端までの長さは80mmで、本体の重量は50gです。

全長240mmサイズのクイックハリハズシⅡはルアーフィッシングの時や歯の鋭い魚や毒魚などの針外しに最適なロングサイズになります。

質問者さん

歯の鋭い魚や毒魚、サイズの大きい魚を釣る人は全長240mmサイズがピッタリだにゃ〜♪

レバー部分から先端までの長さは145mmで、本体の重量は65gです。

クイックハリハズシⅡは魚の口に入れやすい直径10mmの細径ボディになっています。

フックをかける先端のフック部はサビに強いステンレス製の打ち抜きフックになっています。

クイックハリハズシⅡはシングルフックの針外しはもちろんトレブルフックの針外しにも対応しています。

質問者さん

トレブルフックの多いルアーフィッシングにもバッチリ使うことができるんだにゃ〜。

とりまなさん

私もルアーフィッシングをするので240mmサイズを使用していますよ♪

クイックハリハズシⅡのカラー

クイックハリハズシⅡのカラーラインナップは以下のリストの通りです。

  • ガンメタ(175mm、240mm共通)
  • ゴールド(175mmのみ)
  • レッド(240mmのみ)

ガンメタは175mm、240mm共通の設定がされています。

ゴールドは175mmのみの設定、レッドは240mmのみの設定になっています。

自分の用途に合わせて長さとカラーをよく確認してください。

質問者さん

とりまなさんは何色にしたのにゃ〜?

とりまなさん

私は無難にガンメタにしました♪

クイックハリハズシⅡの使用方法

クイックハリハズシⅡの使用方法のイメージは以下の写真の通りです。

ルアーのトレブルフックを外すときのイメージ写真

クイックハリハズシⅡの先端を外したいフックにひっかけます。

とりまなさん

↑↑↑ルアーのトレブルフックにも使えます♪

クイックハリハズシ Ⅱを握り込んでルアーのトレブルフックを外すときのイメージ写真

クイックハリハズシⅡのレバーを引くだけでフックをしっかりと掴んだ状態で固定することができるので簡単にフックを外すことができます。

とりまなさん

レバーを握り込むだけでトレブルフックを簡単に掴むことができます♪

ルアーのトレブルフックをクイックハリハズシⅡで掴んでいる状態の写真
とりまなさん

私の体感ですがフィッシングプライヤーよりもガッチリ固定した状態でトレブルフックを掴むことができますよ♪より詳しい使用方法はダイワ公式サイトを覗いてみてください。

ルアーを丸呑みしている自分が釣ったヒラメの写真
とりまなさん

↑この写真のように魚がルアーを飲んでしまいルアーのフックが口の奥にある時も簡単にトレブルフックを外すことができました♪

お手入れ方法

クイックハリハズシⅡはステンレス製なので錆びにくいですが使用後は必ず真水でしっかりと水洗いして塩分を落としてください。

水洗い後は乾燥させて、パイプ内部にグリスを注油することが推奨されています。

とりまなさん

簡単な手入れだけど長く使うためには忘れずにやっておいた方が良さそうです。

フックを外す時のマストアイテム

以上です!

魚にかかったフックを外す時に便利な釣りアイテム!ダイワのクイックハリハズシⅡをレビュー!ということで製品の特徴や仕様などについて簡単にお話しさせていただきました。

安全に釣りをするために

魚を釣って興奮しているときこそ安全にフックを外すことが大事だと私は思っています。

うっかり素手でフックを外そうとすれば自分の手にフックが刺さってしまうかもしれません。

そうなると楽しかった釣りも大変なことになってしまいます。

怪我を防止して釣りを楽しむためにもダイワのクイックハリハズシⅡを使用してフックを安全に外してみてください。

とりまなさん

予算が潤沢な人はハリ外しの中でも有名なスタジオオーシャンマークのオーシャンリムーバーを検討してみると良いと思います。予算を抑えたい人には今回紹介したダイワのクイックハリハズシⅡがオススメです!

私はダイワのクイックハリハズシⅡを持ってまたサーフフィッシング に出かけたいと思います。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

みなさんも安全に魚釣りを楽しんでください。

それではまた。

釣りしよ。とりまな

この記事を書いた人

サーフでヒラメサイズを求めて気長に釣行チャレンジしつつ、ブログ記事を書いたりYouTubeにのんびりと動画投稿。ネーミングしたメタルエフェクトのゴールド&プラチナギャルピンクの発信やツイートを見つけると喰いつきます。よろしくお願いします。

プロフィール詳細

目次