初心者向け!サーフフィッシングで使いやすいロッドの長さや選び方!

初心者向け!サーフフィッシングで使うロッドの選び方!

こんにちわ、とりまなです。

サーフフィッシングを始めようと思っている初心者の方で最初のロッドを選ぶときにこんな悩みや疑問を抱いている人はいませんか?

  1. ロッドの長さはどれくらいのものをみんなは使用しているの?
  2. 短いロッドは使えるの?
  3. ロッドの長さにオススメはあるの?
  4. どれくらいの硬さのロッドがオススメなの?
  5. 他のカテゴリーのロッドを使うのはどうなの?

このような悩みや疑問について私が購入して使ってきたロッドの使用感や現在使用しているロッドの使用感で得た経験をもとに簡単に説明していきます。

質問者さん

これは知りたいニャ!

この記事を読めば初心者の方がサーフフィッシングで使いやすいロッドがどういうものかわかると思うのでぜひ最後まで読んでみてください。

とりまなさん

それではよろしくお願いしま〜す♪

目次

ロッドの長さ

サーフフィッシングをしている様子。

基本的にサーフフィッシングはルアーを遠くに投げて広範囲に魚を探る釣りになるので長尺のロッドを使用します。

初心者の頃から色々な長さのロッドでキャストして今までに得た経験を踏まえてまずは私の結論からお伝えします。

全ての人に当てはまるわけではないですが一つの考え方として捉えていただけたらと思います。

私が考えるロッドの長さ

サーフフィッシングで比較的多くの人が使用するロッドの長さは『9.0ft~11ft』くらいまでの長さになります。

その中でも初心者の方にオススメのロッドの長さは『9.6ft』または『10ft』がオススメです。

以下で色々と説明していきます。

短いロッドは使える?

質問者さん

9.0ft~11ft位』よりも短いロッドを使うことはできないのかニャ?

とりまなさん

短いロッドでもサーフで釣りはできるよ。
ただ快適ではないだろうからオススメはしないな。

質問者さん

どういうところが快適ではなくなるのかニャ?

とりまなさん

じゃ簡単に説明するね!

サーフで短いロッドを使用しない理由

まず先ほど話した通りサーフフィッシングではルアーの飛距離は最大の武器です。

より遠くへより広範囲にルアーを通すことで魚と出会える確率は上がります。

短いロッドは飛距離という部分で長いロッドにはまず勝てません。

短いロッドの飛距離では届かないけど長いロッドの飛距離なら届く範囲にナブラが起こるようなことも考えられます。

とりまなさん

理屈としては長いロッドの方が遠心力を強く掛けられるから飛距離が出るということみたい。
物理的な説明を詳しくはできないけど、短いロッドよりも長いロッドの方が飛距離が出るのは実体験で経験しているから間違いない事実だよ。
とはいえ良く使用されている範囲の『9.0f』と『11ft』のロッドで飛距離を比較したときに何十mも差が出るってこともないよ。

またサーフフィッシングは魚を掛けた後に波打ち際で手前の波を上手くかわしながら取り込むのですが、その時も短いロッドよりも長いロッドの方が取り回しがしやすいです。

手前でラインが根擦れするような場所やキツイかけ上がりなどのブレイクラインをかわしたい時も短いロッドよりも長いロッドの方がかわしやすいです。

とりまなさん

こういう理由があるからサーフでは基本的に長いロッドがオススメだよ。
私の感覚では最低でも『8ft以上』の長さは必要だと思っているよ。
それ以下の長さでも『釣りはできるけど適していない』と思うよ。

質問者さん

なるほどニャ〜。じゃ長ければ長いほど良いのかニャ?

とりまなさん

それがさ、そうでもないんだよ。

ロッドは長ければ長い方がいい?

サーフフィッシングでは飛距離が出せて波打ち際の取り回しを考えるとロッドの長さは『長ければ長い方が良い』と思ってしまいそうになると思います。

ですが初心者の方には長すぎるロッドはオススメしません。

質問者さん

どうして長いロッドはオススメじゃないのかニャ?

とりまなさん

初心者の方にはオススメしない理由』をリストで簡単にまとめてみたよ。

  1. 長いロッドはキャストが難しい
  2. 長いロッドは重くなる
  3. 長いロッドは万人向けではない

上記の理由から初心者の方には長いロッドを最初の1本に選ぶのをオススメしません。

以下でそれぞれの理由について簡単に説明しますが、他の釣りの経験者や現在サーフフィッシングをしている人には当てはまらないこともあることはあらかじめご理解いただけたらと思います。

長いロッドはキャストが難しい

初心者の方がいきなり長いロッドを使用してルアーをキャストするのはかなり難しいと感じます。

まず長いロッドをしっかり根本付近(バット)から深く曲げ込むことが初心者の方ではかなり難しいと私は感じます。

キャスト時にラインを掛けた指を離すタイミングも短いロッドと比較すると慣れるまでに時間が必要です。

長いロッドは重くなる

長いロッドは短いロッドと比較したときにどうしても重くなります。

メーカーやロッドの種類で重さの違いはあるので確認は必要ですが、基本的にはロッド名が同じで長さが変わる場合では長いロッドの方が重いです。

重いロッドはそれだけ扱う側の体力を必要とするので初心者の方には重すぎないロッド選びも重要になってきます。

長いロッドは万人向けではない

長いロッドは実は万人向けではないと私は感じます。

身長が高い人と低い人が同じ長さの長いロッドを使用したときに身長が低い人よりも身長が高い人の方がロッドの操作はしやすいはずです。

また先述した通り長いロッドは重くなる傾向にあるので体力や筋力がある人の方がロッドの使用感もよく感じやすいと思います。

長いロッドは身長や体力、性別なども考えたときに万人向けではないと感じるので初心者の方にはオススメではないと私は感じます。

質問者さん

なるほどニャ〜

ちなみに私が現在使用しているロッドは『ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) アーリー・フォーサーフ 109MMH』です。

このロッドはティップ側が『M』で柔らかく、バット側が『MH』のロッドです。

ロッドの芯がしっかりしているのでキャストの感覚的にはどちらかというとショアジギングロッドをマイルドにしたように感じます。

キャストフィールも良く、ルアーのリリース範囲の懐も広いです。

また大小様々なルアーを扱うことができる守備範囲の広いロッドでもあります。

とはいえ私の感覚としてはこのロッドを初心者の方がいきなりキャストした場合、深くしっかり曲げるのはやや難しいロッドだと思います。

また長さもほぼ11ftなので慣れていないとキャストだけではなく、操作や取り回しもやりにくいと感じると思います。

とても使いやすいロッドだと私自身は感じていますし、本当にオススメのロッドなのですが初心者の方の最初の1本に選ぶロッドではない気がします。

とりまなさん

長いロッドを最初に選ぶなってことではないから長いロッドを使用したい人は気にせず『自分の意思』を大事にしてね♪
そうやって自分で選んだロッドはきっと釣りを楽しいものにしてくれると思うんだ。

絶妙な長さ

9.6ft』または『10ft』を私がオススメする理由は先述しているロッドが短かったり、ロッドが長すぎたりすることで感じるデメリットの部分を感じにくくしてくれるのがこの2つの長さだと思うからです。

各社のロッドが『9.6ft』と『10ft』の規格で作成していない場合もあるのでロッドの長さは多少前後しても良いです。

厳密に言うと『9.6ft』または『10ft』前後の長さで選べば問題ないです。

ちなみに『9.6ft』と『10ft』でルアーを投げ比べた場合の飛距離の体感はほぼ同じでした。

私の感覚ですがルアーの飛距離を理由に『9.6ft』と『10ft』を比べて選ぶ必要はあまり感じません。

質問者さん

そうニャンだ〜

とりまなさん

ルアーの飛距離はほぼ変わらないから気にすることはないよ。

以下ですごく簡単に『9.6ft』と『10ft』がそれぞれどういう人にオススメなのか説明します。

9.6ft』向きな人

9.6ft』のロッドは操作性を重要だと考えている初心者の人にオススメです。

ルアーの操作性やロッドの操作性は長いものよりも短いもののほうが繊細に動かすことが可能です。

また『9.6ft』のロッドは『10ft』のロッドと比べてもキャストの時もロッドを振り抜きやすいと感じるので、キャストに不慣れで自信があまりない初心者の人にも『9.6ft』のロッドがオススメです。

10ft』向きな人

10ft』のロッドはサーフ以外の堤防など足場の高い釣り場に行くことも考えている初心者の人にオススメです。

ホームサーフの手前がドン深の場合や足場の高い釣り場では長いロッドの方が手前のギリギリまでルアーを操作しやすいので『10ft』ロッドのほうが有利になります。

私の感覚ですが『9.6ft』と比較したときの操作性も大きくは変わらないので、キャストに必要な体力や筋力に自信のある初心者の人なら『10ft』ロッドがオススメです。

とりまなさん

ちなみに9ftと11ftくらい長さの違いがあるとルアーの飛距離、キャストフィールや操作性の感じ方も大きく異なるよ。

ロッドの硬さ

サーフフィッシングで使用するシンキングペンシルというルアーの写真。

ロッドの硬さは自分が投げようと考えているルアーの重さで決めれば大丈夫です。

ロッドにはそれぞれ適合ルアー重量の表記が記されているのでまずは確認してみてください。

質問者さん

ニャあ、とりまなさん的にはどれくらいの重さのルアーまで投げれたほうがいいとかあるのかニャ?

とりまなさん

私としては『40g』は投げられたほうがいいと思うな〜。

質問者さん

ニャんでニャ?

最近のサーフ向けに発売されているルアーは『40g』前後の製品が多くなってきています。

これからサーフフィッシングを初めてみようと考えている初心者の方には『40g』は投げられるロッドがオススメだと思います。

硬さの表記でいうと『ML』『M』が40g前後を扱えるロッドの硬さになると思います。

質問者さん

そうニャンだ〜

とりまなさん

40g』が投げられるロッドならほとんどのサーフルアーを投げられるからね。
40g』はある意味今のサーフフィッシングで目安のひとつになる重さだと思うよ。

とはいえ体力や筋力に自信がない人なら『30g』前後が扱えるロッドにするのもアリだと思います。

硬くて重いロッドに重いルアーをつけて長時間キャストするのかなり重労働になります。

初心者の方はあえて扱えるルアーの重さを下げてしまうのも悪くない選択になると私は思います。

他のカテゴリーのロッドを使うのはどうなのか?

ロッドを持ってサーフを歩いているときの影。
質問者さん

サーフ専用ロッドのがいいのか違うのでもいいのか、これは気になるニャ〜、

これからサーフフィッシングを初めてみようと考えているのであればサーフロッドがオススメなのは間違いないです。

とはいえ専用ロッドにそこまでこだわらなくても他のロッドでもサーフフィッシングは楽しめると思います。

私の場合最初の2年はショアジギングロッドでサーフフィッシングをしてました。

特に夏から秋にかけてのライトショアジギングにはドンピシャでしたし、メタルジグの操作感だけでいえばショアジギングロッドはとても使いやすかったです。

ただし通年使用する場合だとショアジギングロッドでは多少のやりにくさを感じました。

とはいえそれでも釣りができないということはなかったです。

とりまなさん

でも最初から通年サーフに通う気でいる人にはショアジギングロッドはオススメしないですw
例外としてはメタルジグの操作やキャストが上手くなりたい人は重くて硬いショアジギングロッドで練習するのはアリだと思うよ!

他のカテゴリーのロッドも選択肢のひとつと考える

質問者さん

使いやすいカテゴリーのロッドはあるのかニャ?

他のカテゴリーのロッドの中でもシーバスロッドは長さや硬さの選択肢の範囲が豊富ですし、なおかつサーフで投げたいルアーの重さをしっかり投げられるロッドが多いです。

あえて好んでシーバスロッドをサーフで使用している人も多い印象です。

私自身もその日の気分で『パームス(Palms) ショアガンエボルブ SFTGS-103MH』というシーバスロッドをサーフで使用したりしています。

MHの硬さですがティップが柔らかいロッドなのでルアーの動きや挙動を感じやすいですし、ティップが柔らかいことで魚がルアーを口に咥えた時に弾くことなくのせてくれます。

とりまなさん

アーリー109とショアガンエボルブが私の良い相棒ですw

質問者さん

なるほどニャ〜。

とりまなさん

専用という言葉を意識しないでもっと自由に釣りは考えたほうが楽しいと思うよ。
自分が投げたいルアーが投げられて扱いやすいなら常識は気にしなくたって問題ないよ。

最初のロッド選びが良いものになりますように♪

家族でサーフの波打ち際に立っている写真

以上です!

『初心者向け!サーフフィッシングで使いやすいロッドの長さや選び方!』ということで私なりに選び方のポイントや疑問について簡単に説明させていただきました。

自分に合ったロッドをしっかり選ぶ

私はショアジギングロッドの硬さが『MH』でジグ MAX80gのロッドからサーフフィッシングを始めました。

割と硬いロッドだったせいでキャストに慣れるまで時間がかかりましたが、このロッドのおかげでキャストがそれなりに上手くできるようにもなりました。

ですが、もしも初心者に戻れるのであればきっと最初の1本には選ばないと思います。

とりまなさん

初心者にショアジギングロッドのMHは硬すぎたw
『サーフの釣りで飛距離が出しやすい投げかた(キャスト)
を読んでもらえると初心者の方もきっと飛距離が伸びるはずだよ〜。

これからサーフフィッシングを初めてみようと考えている方にはぜひ自分に合ったロッドをしっかり選ぶことを意識して購入までしてもらえたらと思います。

正直言ってロッドは釣り場でルアーを投げてみないとそもそも自分に合っているのかわからないものだと私は思います。

お店で触らせてもらい曲げてみても投げ心地や使い心地まではわからないです。

とりまなさん

釣具屋さんで色々聞いて情報を得るのもオススメです。

使ってみて初めて柔らかいロッドが好みだと感じる人もいれば硬いロッドが好みと感じる人もいます。

とはいえできることなら後悔したくないと思いますのでこの記事の内容を参考にしてもらえれば嬉しいです。

ここまで読んでくれた人に素敵なロッドとの出会いがありますように…それではまた釣りしよ。とりまな

釣りブログのこと

釣りブログはエックスサーバーで運用されています。

WebサイトデザインのテーマにはSWELLを利用しています。

この記事を書いた人

サーフでヒラメサイズを求めて気長に釣行チャレンジしつつ、ブログ記事を書いたりYouTubeにのんびりと動画投稿。ネーミングしたメタルエフェクトのゴールド&プラチナギャルピンクの発信やツイートを見つけると喰いつきます。よろしくお願いします。

プロフィール詳細

目次