スナップを結ぶときの結び方(ノット)

スナップを結ぶときの結び方(ノット)

こんにちは、釣りしよ。とりまなです。

突然ですが、スナップを結ぶときの結び方、ノットは何ノットを使っていますか?

釣りを始めたばかりだとスナップを結ぶときのノットをどれにすれば良いのか分からないという人もいるかと思います。

今回は数有るノットの中から私が普段からスナップを結ぶときに使っている簡単で強度にも優れているノットを紹介したいと思います。

釣りをしていてこれと言った不具合等も起こったことがないので始めたばかりの人にもオススメです。

別の記事ではPEラインとリーダーを結ぶ時のオススメのノットも紹介しているので参考にどうぞ。

目次

私が普段から使っているノット

私がスナップを結ぶときに普段から使っているノットはパロマーノットです。

パロマーノットについて簡単な特徴と結ぶときに気をつけたいことを説明します。

私が普段から愛用しているスナップはこちら↓↓↓

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す

スナップについての記事はこちらから↓↓↓

あわせて読みたい
ライトショアジギングにスナップは使える?使えない? こんにちは。釣りしよ。とりまなです。 みなさんはライトショアジギングにスナップは使っていますか? ライトショアジギングを始めたばかりの人だとスナップを使って良...

簡単な特徴

結び方が覚えやすく誰でも簡単に結べます。

スナップ以外にもフックやルアーを結ぶときにも使えます。

細いラインも太いラインもどちらでも強度の出るノットです。

スナップに結んだときのラインが2本で結ばれるので1本で結ぶ他のノットと比べると強度に優れています。

結ぶときに気をつけたいこと

ライン2本の状態で結んでいくので慣れていないと折り曲げたりする途中でラインへの負担がかかりやすいです。

締め込むときに結び目の2本のラインが重なったり、交差した状態で結んでしまうと強度が極端に低下します。

ノットに慣れるまでは何度も練習して感覚を掴むことがとても大事です。

パロマーノットだけでなく他のノットにも言えることですが、基本的にノットは急いで結ばないようにしましょう。

ノットの種類を多く覚えるより釣り場に立とう

以上、私が普段からスナップを結ぶときに使っているパロマーノットについてすごく簡単に説明してきました。

これは私の考えなのですが糸の結び方であるノットをたくさん覚えるよりも、まずは実用的なノットを数種類だけ覚えれば大丈夫です。

実際私は数種類しかノットを知らないですが釣りをしていて今のところ不便に感じたことはありません。

とにかく釣り場に出掛けて釣りをたくさんするほうが魚に近づけますし、釣り場でラインを結ぶのが大事な経験になります。

私もなかなか釣りに出かけられませんが時間のある時は短い時間でも釣りをするようにして釣行回数をできるだけ設けるように心がけています。

簡単で強度も強いパロマーノットをぜひ覚えてより多く釣りに出かけて楽しんで下さい。

それではまた、、、釣りしよ。とりまな

あわせて読みたい
PEラインとリーダーの結び方(ノット)はこの3つを覚えておけば大丈夫! こんにちは。釣りしよ。とりまなです。 釣りを始めたばかりの人だとPEラインとショックリーダーの結び方が色々あり過ぎてどの結び方にすれば良いかわからない。 と言っ...

この記事を書いた人

サーフでヒラメサイズを求めて気長に釣行チャレンジしつつ、ブログ記事を書いたりYouTubeにのんびりと動画投稿。ネーミングしたメタルエフェクトのゴールド&プラチナギャルピンクの発信やツイートを見つけると喰いつきます。よろしくお願いします。

プロフィール詳細

目次